胃とは
胃の病気・症状と治療法
胃の手術
胃切除後症候群
胃術後食事

吻合部潰瘍

術後1〜2年後に胃と十二指腸または小腸とつなぎ合わせた吻合部に出来る潰瘍ですが、 切除技術や医薬の進歩によって、現在ではほとんどみられなくなりました。

治療

吻合部潰瘍がある場合は、消化性潰瘍と同様の薬物療法を行います。

予防・日常生活の注意点

自分のからだの状態を把握する

胃切除後症候群は適切な治療によって、ある程度軽減させることが出来ますが、 大きな鍵を握るのは、患者本人の術後管理です。

切除前のからだの状態、切除方法、そして術後の回復度によって、症状の現れ方は 個人差がでます。自分にはいつどうような症状がでやすいのか、何を食べた時、何を飲んだ時に 起こるのかきちんと把握し、それに合わせた食習慣をつくることが大切です。

胃切除後症候群全体についていえることですが、食べ物は十分に噛むようにします。
歯を丈夫に保ち、胃の代わりに口でしっかり攪拌(かくはん)するつもりで、一口50回を目標に、 少しずつゆっくりと食べましょう。十分噛むことは、下痢の予防にもなります。

暴飲暴食は厳禁です。1回の食事量については、自分の適量を把握しましょう。
食べ過ぎないように、常に腹6〜7分目を目安にします。

からだに取り入れるエネルギーと消費するエネルギーのバランスをとり、ウォーキングなど 適度な有酸素運動を続けて骨量と筋肉量を増やし、体重の増加を図ることも大切です。

症状は必ず現れるものと自覚する。

特に胃がんの手術の場合、精神的ダメージも相当大きいはずです。術後も何となく違和感が ついてまわり、しばしば不定愁訴として現れます。だるさや脱力感は、心身的な症状として 現れることもあります。

ガンという病気、そして胃の切除という事態を受容して、心身を日常生活に適応させていく 努力が欠かせません。

胃の切除手術を受けた以上、胃切除後症候群を回避するのは難しいことです。 何らかの症状は必ず現れるものだと自覚して、1日も早く、自分なりの対処法をみつけるように しましょう。

リンク

copyright© 2005 COOL FAMILY GROUP All Rights Reserved