胃とは
胃の病気・症状と治療法
胃の手術
胃切除後症候群
胃術後食事

ダンピング症候群

胃切除手術を受けた人の15〜30%にみられる胃切除後症候群で、炭水化物が急速に 小腸に流入するために起こるものです。

食事中や食後の直後に症状が現れる早期ダンピング症候群と、食後2〜3時間たってから 現れる後期ダンピング症候群に分けられます。

[早期ダンピング症候群]

胃を切除してしまうと、胃液の分泌量が低下し、貯留機能の失われるために、浸透圧の高い食べ物が 胃の中に入ると、その一部はそのままあふれるように腸内に急速に排出されてしまいます。

早期ダンピング症候群は、胃の排出調節機構が破綻していることが原因で起こります。

主症状は、冷や汗、動悸、めまい、顔面紅潮、全身倦怠感、全身脱力感、全身熱感などです。 腹痛、下痢、悪心、嘔吐などの腹部症状を訴える場合もあります。横になると、 たいていは症状が治まります。

[後期ダンピング症候群]

胃の内容物の急速な排出によって腸管からの炭水化物の吸収が増大すると、高血糖になります。 そこでインスリンが過剰分泌され、逆に低血糖になってしまうことで起こるものです。

食後2〜3時間たって頭痛や倦怠感、発汗、めまい、呼吸の乱れなどが現れるもので、 多くは早期ダンピング症候群に引き続いて起こります。低血糖が大きな原因で起こることから、 後発性低血糖症候群ともよばれています。

ダンピング症候群は、食物の小腸への急速な流入に加えて、リンパ節の喪失による 腹水の循環不全、吻合による蠕動運動の乱れなどがあると、食後の苦しみは増大されます。
また、精神的な誘因も重要で「食べると苦しくなる」と身構えてしまい、それがストレスとなって、 悪循環を起こすケースも多いようです。

治療

食事療法の徹底が大切

胃切除後症候群の治療は、食事療法を主体として、必要に応じて薬を用います。
まれにですが、再手術を行うケースもあります。

早期ダンピング症候群の場合、まず食事療法を徹底します。低糖質、高たんぱく、適度な脂肪の食事で、 なるべく水分を少なくします。食事のとり方は、1日5〜6回に分ける少量頻回食が理想とされます。
冷たい物は避けて、食後は20〜30分ほど横になることも必要です。

食事療法では改善されない場合、薬物療法が行われますが、ダンピング症候群の特効薬はありません。
対症的に、血管作動性物質に対する抗ヒスタミン薬、粘膜刺激に対する粘膜保護剤、 自律神経系に対する抗不安薬、腸管運動亢進に対する鎮痙薬などの薬が必要に応じて投薬されます。

あくまでも治療の主体は、食事で症状を改善させることです。外科的治療が行われることは ほとんどありません。

後期ダンピング症候群の場合は、1回の食事量を少なくし、ゆっくりと時間をかけてとるようにします。
症状が現れたときには、飴など少量の糖分を摂取すると治まることが多く、薬はほとんど使いません。

ただし、食事のたびに高血糖を起こしていると、糖尿病と同じように腎臓や網膜、神経などに 悪影響を与えることになるので、十分なコントロールが必要になります。

疲労感を防止するためには、糖分を含むお菓子や果物を少量、間食としてとるのもよいでしょう。

予防・日常生活の注意点

自分のからだの状態を把握する

胃切除後症候群は適切な治療によって、ある程度軽減させることが出来ますが、 大きな鍵を握るのは、患者本人の術後管理です。例えば、ダンピング症候群が起こる メカニズムははっきりしているので、対策を立てるのは、十分可能です。

問題は、本人がそれをきちんと実行できるかどうかです。

切除前のからだの状態、切除方法、そして術後の回復度によって、症状の現れ方は 個人差がでます。自分にはいつどうような症状がでやすいのか、何を食べた時、何を飲んだ時に 起こるのかきちんと把握し、それに合わせた食習慣をつくることが大切です。

ダンピング症候群は精神的な要素も大きく、自律神経とのかかわりも深いために、 精神面でのコントロールがとても重要になります。胃切除後症候群では、各自に合った 対処法を工夫することが症状を軽減させるための大きなポイントです。

逆流性食道炎の場合、就寝のときはあおむけで寝るようにして、上体を10〜15°くらい 高くすると逆流が起こりにくくなります。前かがみの姿勢を長時間続けないこと、 ベルトを強く締めないこと、咳を予防すること、食後2時間以上たってから就寝することなどが 再発防止のために大切です。

また、刺激の強い食べ物、熱い物、冷たい物は避けるようにしましょう。

急いで食べてつかえたときは、胸をはって、大きく腹式呼吸をしながら様子を見るか、 無理をせずに吐いてしまいます。水分で流し込むのは逆効果で、かえって腸の収縮を 強めてしまうので注意しましょう。逆流やつかえが改善されれば、胸やけも解消されるはずです。

症状は必ず現れるものと自覚する。

特に胃がんの手術の場合、精神的ダメージも相当大きいはずです。術後も何となく違和感が ついてまわり、しばしば不定愁訴として現れます。だるさや脱力感は、心身的な症状として 現れることもあります。

ガンという病気、そして胃の切除という事態を受容して、心身を日常生活に適応させていく 努力が欠かせません。

胃の切除手術を受けた以上、胃切除後症候群を回避するのは難しいことです。 何らかの症状は必ず現れるものだと自覚して、1日も早く、自分なりの対処法をみつけるように しましょう。

リンク

copyright© 2005 COOL FAMILY GROUP All Rights Reserved